CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
もうひとつのMONSTER―The investigative report
もうひとつのMONSTER―The investigative report (JUGEMレビュー »)
ヴェルナー・ヴェーバー, 浦沢 直樹, 長崎 尚志
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ダメ人間
評価:
鈴井貴之
メディアファクトリー
¥ 1,260
(2009-09-05)
コメント:ミスターのダメっぷり

 読みました、ミスターの本。

おもいっきり、同感の嵐だったりして・・・(汗)

<いいや、明日やろっと>
<いや、なんとかなる>
<いや、こんなはずではなかった>

人は失敗から学習するはずなのに、何度も同じことを繰り返す
あぁ・・
自分の日記を読んでいるようだわ・・と思う箇所もあったりして(大汗)

ミスターと呼ばれている
鈴井貴之さんは、オフィスCUEの社長さんであります。
あの<水曜どうでしょう>を企画した一人でもあります。
HTBさんがなぜ?鈴井さんをあの当時起用したのか?
この本を読むと、なぜ?なぜ?と思います。

鈴井さんを初めて知ったのは、いつの頃だったか・・・
ただ、覚えているのは
幼かった3人の子育てに追われていた頃、専業主婦でもバッタバッタで
要領が悪いせいか、空回りばかりして時間に追い立てられていた頃
フッと
下の娘(まだ赤ちゃん)がお昼寝をしていた時間、
FMラジオをつけて聞くときが唯一の自分に戻れるわずかな時間だったと記憶してます。
音楽と女性DJのトークやリスナーからのFAXに対する回答や話、
1日中、子供中心に動いていた私は、そのわずかな時間がとてもありがたかった。

で、鈴井さんですが・・
そんな午後の大好きな番組の後に、5時から<ゴイス>という番組をやっていました。
5時の時報と共に、鈴井さんの声が聞こえてきます・・・

ブチッ!
(パワーオフする音)
ゆるぅ〜い声でオープニングトークをしたりして、どうしても好きにはなれませんでした。
(当時)
番組は何度となく、聞いたことはありましたが、やはりどうも
「なんだーコヤツ」的な感じで・・好きになれませんでした。

(このブログは見ていないと思うけど、ゴメンナサイm(__)m)

いつの頃からか、正確には覚えていないのですが・・
多分、娘が3歳を過ぎて幼稚園に入り、上の息子たちも小学校の中学年高学年に
なった頃だったと思います。
時間にも余裕が出来て、相変わらず日中はFMラジオをつけて家事をしてました。
その頃、5時頃から夕食を食べていたので、テレビを見ながらではなく
FMラジオをつけながら子供たちと食事をしていました。
必然的に鈴井さんの<ゴイス>を聞くことになります、いつの間にか、
私自身<ゴイス>リスナーになっていたのです。

何がきっかけで聞くようになったのか?
5時になってパワーオフしなくなったのか?
今思い出しても、よくわからないのです。

そんな中、番組の中で、鈴井さんが子供達の作文を読むコーナーがありました。
(子供だった頃の作文でもOKでした)
採用されると、名前入りの特製鉛筆をもらえます。
3人兄弟の末っ子で、小学生になった一人娘は、あるときポツリと呟きます。

「ミスターに作文を読んでもらうのには、どうしたらいいの?」と・・
(@_@。
子供達はこの作文コーナーが好きだったみたいで(ふにゃけた声で読むからかな?)
いつも笑ってました。

で、「なんでも良いから思ったことを作文に書いてラジオ局に送ると、ミスターが選んで、選ばれたら読まれるよ」と彼女に教えました。

はて、数日後
彼女は本当に書いてきました。
「見たらダメだよ、そのまま送って」と言われました。
採用されるかどうかなんてわかりません、「読まれるかどうかわかんないよ」と言うと
「いいの」と言います。

彼女は何故?鈴井さんに作文を読んでほしかったのでしょう?
なぜ?鈴井さんなんでしょう?
疑問はいまだに晴れませんが・・・

そして、数日後の晩ご飯時
長男も次男も娘も居て、ラジオからは鈴井さんの声。
例の作文コーナーが始まりました

「あれ?あれ?あれ!!!!!」
なんと、娘の作文を読んでます、あの口調で読んでます。(@_@。
子供達と一瞬固まります、耳をそばだてて聞きます、
娘の頬が段々赤くなります、でも、
すごく
嬉しそうな笑顔です。

それからかもしれません、夜中にずっと前から水曜どうでしょうを見ていた
ダンナ様に付き合うようになり
(彼は最初からどうでしょうを見ています、あっ!正確に言うとモザイクから)
それから展開されていく、<鈴井の巣>にも夢中になります。

ダンナ様と娘は、何故か?
ブレイク前(こういう表現はイイかどうかわかりませんが)の人たちを
感じることができるみたいで

「この曲イイヨネ」といった人がブレイクしたり
「面白いんじゃない」とずっと見ていた人がブレイクしたり
不思議な二人であります。

私は何事にも懐疑的なダメ人間ですし
自分のダメさを見ているような人は
<嫌い>になってしまいます。
また、感も予想も当たったためしがありません・・・悲しいかな・・・

いつも心の中で
<どーせダメだし>と思ってしまうような人間です。
(それをいう事で逃げているのかもしれません)

鈴井さんの本を読んで、思いました。
ため息を吐き続けても、それは後退ではないと・・・
失敗し続けても、それは わずかだけれども 進んでいることだと・・・

そして、夢を諦めたり、また夢を見たり、思い描いたり
ちょっと行動してみたり
人の声を聞いてみたり
反発してみたり
自問自答してみたり
自己嫌悪に陥ったり

色々しても良いんだと

自分は自分でしかなく、人生を作り上げていくのは結局自分しかいないのだと
なんか
ぽわぁ〜んとだけど、思いました。

ダメ人間という鈴井さんご本人
でも

ダメ人間をサポートする人がこんなにも沢山居る
だから
きっと、根はダメ人間じゃないから
人をひきつける魅力が
具体的にはわからないけれどあるから
サポートされ続けているのだろうなぁ〜と思うのであります。

CUE所属のタレントさんやスタッフさんは
沢山のことをしってらっしゃると思います。
ダメ人間という鈴井さんの、色んな事をしってらっしゃると思います。
でも
彼らは、CUEに所属し、日々社を盛り上げるべくがんばっていらっしゃいます。

「ダメだこりゃ、この会社、社長がダメ人間だもん・・やーめた」
とはならない
その魅力、
どこからくるのでしょう?

まだまだ不思議が一杯の鈴井さんです。

宜しかったら、読んでみてください。






| 読み物 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと詠みました・・
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
梯 久美子

<硫黄島からの手紙>や<父親たちの星条旗>を見て、ついにこの本を読みました。
以前、この映画の公開前から栗林さんを演じた<渡辺謙>さんがメディアで色々とお話をしてくださって、栗林さんという方にとても興味を持っていました。
映画が公開された頃は、図書館で図書検索してもいつも<貸し出し中>で・・・
つい最近、本を返却しに図書館に行ったとき、見つけました!
それも、いつもは図書館にあるPCで検索して、目的の物しか探さないのに、何故かそのときは借りる気持ちもそれほど無く、新書の棚や歴史書の棚、エッセイ・伝記などをウロウロみていたときに発見!
まさに・・・スピリチュアルな表現で言えば <必然>ですな(^^ゞ

著者の梯氏は
数々の関係する方々の言葉や、想いを丁寧に取材して、本にされたと思います。
しかしながら、けっして戦死というモノ、戦争というものを美化した描き方をしてはいないと感じました。
戦争に関する、これらの書籍を読み、実際に体験した人の声を聴くことが、今の私たちに一番必要なことではないか・・・
詠み終えてそんなふうに感じました。
上に立つ人間も、昔は立派な方が沢山いらした。
今も、居るとは思うのですが・・・どうなんだろう?

人を思いやる、人の気持ちを考える、人を人として認める
本を読み終わった後、私はそんな想いが頭をめぐらしています。
ある意味、簡単なことなのに 今の現代では難しいことなのかもしれません・・・
| 読み物 | 00:39 | comments(2) | trackbacks(1) |
良い言葉
何があっても大丈夫
何があっても大丈夫
櫻井 よしこ

またまた、図書館で借りてきました〜
<今日の出来事>でしか知らなかった、櫻井さんの生き様がよくわかる本でした。
そして
お母様の素晴らしさを、本当に感じました。
子供に対して「何があっても大丈夫」と言う、母の言葉はどんなにか心強い言葉だったでしょう?
お母様の心の奥底にある<子供を信じ、とことん付き合う、考える>そんな(私解釈ですけれども)気持ちがとても勉強になりました。
また、人に対しての心の持ち方や考え方や思いやり、私には到底実現できないような事ばかりで・・昔の女性は、ある意味 今の女性よりもとても力強いと感じました。
ほんの
数十年前の日本の話。
ちょいと 読んでみると 今の平和と幸せを噛み締めることができると思います。
| 読み物 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
今、しなければならないこと
林住期
林住期
五木 寛之

人生の大先輩に薦められて読んだ本。
私にしては、珍しいジャンルかも・・・
さすがベストセラーだけあって、読みやすく すぅ〜っと言葉が入ってくる感じがしました。
今、この本で言う<林住期>をあと数年で迎える自分としては、読んでよかったと思いました。
五木先生の戦前・戦後体験もまた興味深く読めました。
<今 何をすべきか? 何をして過ごさねばならないか?>
自分に問う いいきっかけになったと思います。

この手の本にすんなり素直に入りこめたのは・・・
あぁ、もぅ そういうお歳なのかしらん(-_-メ)
なんて、少し悲しく思ったりして(~_~;)
でも、若い世代のうちにすんなり素直に受け入れられたら、人生もっと大切に大切に生きていたのかもしれない・・そんな風にも感じました。

ん〜、私はこれまであまり頑張ってこなかったからなぁ〜
残された数年、素敵な林住期を過ごすために頑張らないと。
どの世代の方にも おすすめ♪
| 読み物 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
意識と興味
奪還 第二章
奪還 第二章
蓮池 透

つい最近、図書館で借りて読みました。
新聞やテレビのメディアでは、知ることのできなかったことを沢山知ったように思います。
そして、家族会と救う会という二つの団体が存在していることも知りました。
改めて
日本のメディアの情報不足、スクープや<人が喜ぶ記事・出来事>だけを流し、自己のジャーナリズム精神を満足するだけにまい進している人たち。
全てとは言いませんが、殆どがそうなんだろうなぁ〜
そんな気持ちになりました。

本を読んで、思ったこと。

あなた、自分の身内や家族や愛する人や友人や知人がある日を境に居なくなり、なんの連絡も取れず、数十年間も音信不通であったなら?
あなたは、その人を どう 思いますか?
あきらめますか?
それとも 信じて 待ってますか?

もしかしたら、その いなくなった人たちは
いつか いつの日か 自分の本当の居場所に 戻れることを 心の奥底にひっそりと思いつづけているのかもしれません。
誰かが手を差し伸べてくれることを待っているのかもしれません。

<ひとごと>で済まされない問題が、この国には 多くありすぎますね。
明日は いつもどおり・・・ではないのかも知れないということを皆が忘れている昨今なのかもしれません。
| 読み物 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと読んだニイハウ事件の本
真珠湾の不時着機―二人だけの戦争
真珠湾の不時着機―二人だけの戦争
牛島 秀彦

きっかけは、モーハワイ☆コムさんの編集長さんが出された「行くべしカウアイ島・見るべしニイハウ島」の本にちょっと書かれていたニイハウ事件のこと。
とても気になって、そのときから色々と文献を探していた。
古本屋さんにも見当たらないし、アマゾンでは新品は見当たらない・・あるのはマーケットプレイスのみ。
で、その前に <樺太の真岡郵便局>についての本をマーケットプレイスで購入していたので、その際対応がとてもよかった所で検索、あった!
それも 文庫本でお値段も安く 思わず購入。
2日で読んじゃいました(^。^)
本音を言うと、若干の脚色がある内容ですが、著者の牛島氏が当時かかわった方から直接インタビューをし、まとめたモノなので、やはり 感情移入があるかと思う。
なににせよ、真実はわからない・・・
そう思った。

ただ、二世部隊の話や、日系人排斥の話、アメリカにおける日系人の扱い・・戦中・戦後の本を読みながら思ったのは、今日のアメリカとの関係を築いてくれたのは先人の苦労と苦悩があったからだと思う。
祖国と自分の国に板ばさみになった日系人の方々には、もっともっと日本という国が何かをしてあげられないのか?
何かをしてあげるのは、今からでも遅くはないとおもうのですがね・・・

この本の中で、ニイハウで不時着した日本兵と共に亡くなったハラダ氏の奥様が言われたことが心に響く。
「傷ついた人がいれば助けるでしょう?睡眠をさせたり、食事を与えたりするのは人間として当然。人間としてあたりまえの行為をした」と・・・

今も昔も、その言葉につきると思いました。
人間として・・・
| 読み物 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(1) |
一気読み(~_~;)
華麗なる一族〈上〉
華麗なる一族〈上〉
山崎 豊子

テレビの影響ってすごいですねぇ〜
なんて・・人事のように影響されるミーハーな自分がいたりしてたらーっ
久しぶりに、ノンフィクション以外の本を読み、それも小説というのも相当間があいているほどしばらくぶりでした。
ただ、テレビの第一話から少し見ていて、どうしても早く結末が知りたくなり読んでみました〜
それも、上・中・下巻 分厚い文庫本を一気読みですウィンク
創作の本(小説)に限らず、本を読んで涙したことはいまだかつて無い冷血な私。
しかし、今回は少しだけウルッポロリときた場面がありました。

政治・経済・権力・派閥争い・人の嫌な部分・良い部分・悪人と善人
色々な問題が沢山沢山あって、とても読み応えのあるお話でした。
結末がちょっと・・・う〜ん・・・でしたが。
好きだったテレビドラマの<白い巨塔>の原作者である山崎さんは、とてつもなく色々な世界をリサーチしてらっしゃると思いました。
しかしながら、悲しきかな 今の日本はこの本にあるような背景が未だに続いているのではないか?
そんなふうに思えた本でしたよ♪
おすすめグッド
| 読み物 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(2) |
北にあったもう一つの日本
九人の乙女 一瞬の夏―「終戦悲話」樺太・真岡郵便局電話交換手の自決
九人の乙女 一瞬の夏―「終戦悲話」樺太・真岡郵便局電話交換手の自決
川嶋 康男

この本・・・
実はきっかけは、地元紙の特集だった。
_日本領で初の民間人を交えての地上戦があったのは沖縄戦である_日本人の多くの方々が認識している史実は、もはや誰もが知っていることだと思う。
しかしながら・・・旧日本領<南樺太>でも、悲しくも凄惨な戦後があったことを初めて知ったのです。

<樺太>という言葉は、北海道の人間にとってはなじみが深い。
ロシアもそうだけど、私は幼い頃何度となく周りの大人が囁きあっているのを聞いた記憶がある。
「○○さんとこはねぇ〜樺太から引き上げてきた人なんだよね」と・・・
その頃、それがどういう意味をなすものか?わからなかったが、ひそひそと話す大人たちの会話を聞いて、なにかしら事情があるのだという雰囲気しかわからなかった。

以前、沖縄の本も読んでいた。
そして、今度は北海道に近い樺太のドキュメンタリー作品であって、自ら命を絶つことなく生き長らえた人たちの苦悩や証言がつづられている。

思うのは、
あの戦争の頃、南から北から そして遠く離れたアメリカ本土やヨーロッパに住む日本人たちが 日本で徹底的に叩き込まれた教育・・・
それが 多くの悲劇や苦難を至らしめたことに変わりは無いと思う。
忘れてはいけないのは 
もぅ 二度と 同じ あやまちを 繰り返さないこと
| 読み物 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
善と悪とは?
沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!
沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった!
曽野 綾子

またまた図書館で借りてきた本、2冊目〜
ちょっと偏ってますね・・・最近の私(-_-;)
この本、本音を言うと 難しかったです。
読んでいくうちに、頭がこんがらがってきました・・・
何が悪で何が善で・・・
ただ、はっきりわかったことは
表面だけの一部のマスメディアを鵜呑みにしてはいけないと、そんな風に思いました。
週刊誌・新聞・月刊誌・テレビ 等等
その取材報告がどこまで裏付けされ、どこまで取材されているか?
そこをきちんと、受け取る側は知る必要があるのではないか?と改めて思いました。
政治的な背景、国家的背景、色々なそのときの状況を掘り下げて理解できないまでとしても、真実だけを伝えなければならない・・それがジャーナリストだと。

最近不思議でならないのが、歴史は好きだったけど、何かに駆り立てられるように戦争関係の書物(それもノンフィクションやルポもの)を読んでいます。
多分、自分の中で<生命(いのち)>についてより深く考えるようになったからかもしれませんし、他の何かがあるのかもしれません。

ただ、興味をそそられたものは、本は、読んですっきりするほうがいい。
そんな風に思ってます。
人生 いつ なにがあって どうなって 
そんなことは誰にもわからないこと。(たとえ占い師であっても)
だから、今、<読みたい!>と直感的に思った本は読んでいます。

ひとつの本を読むと、その本の中の参照された他の本にも興味が沸きます。
相反する思想や考えや主張を互いに読むことで、自分の中の真実とは何か?が見えてくるような気がするのですが・・・
う〜ん、若輩モノの私は まだまだ The End には遠いような気がします。
とにもかくにも、今現在 まだ戦争というものが続いているということをきちんと認識しなければ・・・そんな風に思いました。
| 読み物 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
尊いもの
従軍看護婦たちの大東亜戦争―私たちは何を見たか
従軍看護婦たちの大東亜戦争―私たちは何を見たか

またまた、図書館で借りてきた本。
桜井よしこさんが、本の表紙にこの本をお勧めする内容が少しだけかかれている・
読んで、思った・・・・
<尊いもの>って、現代の人たちは、どう思っているのだろうと・・・
辛く 厳しく 信じられない 想像しがたい 内容がかかれている。
私たちは、今現在、60年以上も前の戦争について、詳しく聞くことはそうめったにない。
書籍を通じてか、ドキュメンタリー番組を通じてか、映画を通じてか、それらを知る方法は無いと思っている。
小学校で、中学校で、高校で、歴史を学ぶ授業はあるけれど、本当に詳しく掘り下げた授業は行われていないと思う。
私は高校の頃、歴史と倫社の担当だった先生から、戦争中のことや戦後の話を<雑談>Lとして聴いた。
私以外の生徒たちは関心を持って聴くものは少なかったと思う。
<関係ないし〜> それが 当時の若者の本音だ。
ただ、私は矛盾と疑問と「どうして?」という感想が その先生の話を聴くたびにむくむくと心の中に芽生えていた。
今、日本史も世界史も戦争史記を含めて 色々な書籍を読んでいるが、想いは複雑です。
ただ、思うのは 是非 おじいちゃんおばあちゃんが体験した過去を少しでもわかってほしい、少しでも頭の中にとどめて 自分の心に問い掛けてほしい。

この本を読んで、なぜ<もったいない>にこだわるのか?
その意味が少しだけわかったような気がする。
女性が女性として、美しく、清く、人生をまっとうする姿がまざまざとわかり、今の幸せを深くかみしめている。
自分で判断することの難しさ、今の若い世代にはわかりようも無いかもしれないけれど、極限状態になった人間の、情けなさや理不尽さや苦悩や辱めや悔しさや、そして小さな希望と幸せと安堵がどうゆうものなのか?
先人の想いを強くかみ噛み締めた 作品でした。

愛国心は指示されるものではない。
でも、今の日本人は誰かに指示されなければ それを守り動こうとしないのも現実。
何もかも法でがんじがらめにされる前に、今一度 皆が国のことを考え 子供のことを考え 自分自身のことを考える必要があると思う。
小耳にはさんだ言葉だけを批判するだけでは、決してよくはならないと思う。

<よく 話をききなさい> 昔 先生に言われた言葉が今よみがえる。
| 読み物 | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>