CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
もうひとつのMONSTER―The investigative report
もうひとつのMONSTER―The investigative report (JUGEMレビュー »)
ヴェルナー・ヴェーバー, 浦沢 直樹, 長崎 尚志
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ダメ人間
評価:
鈴井貴之
メディアファクトリー
¥ 1,260
(2009-09-05)
コメント:ミスターのダメっぷり

 読みました、ミスターの本。

おもいっきり、同感の嵐だったりして・・・(汗)

<いいや、明日やろっと>
<いや、なんとかなる>
<いや、こんなはずではなかった>

人は失敗から学習するはずなのに、何度も同じことを繰り返す
あぁ・・
自分の日記を読んでいるようだわ・・と思う箇所もあったりして(大汗)

ミスターと呼ばれている
鈴井貴之さんは、オフィスCUEの社長さんであります。
あの<水曜どうでしょう>を企画した一人でもあります。
HTBさんがなぜ?鈴井さんをあの当時起用したのか?
この本を読むと、なぜ?なぜ?と思います。

鈴井さんを初めて知ったのは、いつの頃だったか・・・
ただ、覚えているのは
幼かった3人の子育てに追われていた頃、専業主婦でもバッタバッタで
要領が悪いせいか、空回りばかりして時間に追い立てられていた頃
フッと
下の娘(まだ赤ちゃん)がお昼寝をしていた時間、
FMラジオをつけて聞くときが唯一の自分に戻れるわずかな時間だったと記憶してます。
音楽と女性DJのトークやリスナーからのFAXに対する回答や話、
1日中、子供中心に動いていた私は、そのわずかな時間がとてもありがたかった。

で、鈴井さんですが・・
そんな午後の大好きな番組の後に、5時から<ゴイス>という番組をやっていました。
5時の時報と共に、鈴井さんの声が聞こえてきます・・・

ブチッ!
(パワーオフする音)
ゆるぅ〜い声でオープニングトークをしたりして、どうしても好きにはなれませんでした。
(当時)
番組は何度となく、聞いたことはありましたが、やはりどうも
「なんだーコヤツ」的な感じで・・好きになれませんでした。

(このブログは見ていないと思うけど、ゴメンナサイm(__)m)

いつの頃からか、正確には覚えていないのですが・・
多分、娘が3歳を過ぎて幼稚園に入り、上の息子たちも小学校の中学年高学年に
なった頃だったと思います。
時間にも余裕が出来て、相変わらず日中はFMラジオをつけて家事をしてました。
その頃、5時頃から夕食を食べていたので、テレビを見ながらではなく
FMラジオをつけながら子供たちと食事をしていました。
必然的に鈴井さんの<ゴイス>を聞くことになります、いつの間にか、
私自身<ゴイス>リスナーになっていたのです。

何がきっかけで聞くようになったのか?
5時になってパワーオフしなくなったのか?
今思い出しても、よくわからないのです。

そんな中、番組の中で、鈴井さんが子供達の作文を読むコーナーがありました。
(子供だった頃の作文でもOKでした)
採用されると、名前入りの特製鉛筆をもらえます。
3人兄弟の末っ子で、小学生になった一人娘は、あるときポツリと呟きます。

「ミスターに作文を読んでもらうのには、どうしたらいいの?」と・・
(@_@。
子供達はこの作文コーナーが好きだったみたいで(ふにゃけた声で読むからかな?)
いつも笑ってました。

で、「なんでも良いから思ったことを作文に書いてラジオ局に送ると、ミスターが選んで、選ばれたら読まれるよ」と彼女に教えました。

はて、数日後
彼女は本当に書いてきました。
「見たらダメだよ、そのまま送って」と言われました。
採用されるかどうかなんてわかりません、「読まれるかどうかわかんないよ」と言うと
「いいの」と言います。

彼女は何故?鈴井さんに作文を読んでほしかったのでしょう?
なぜ?鈴井さんなんでしょう?
疑問はいまだに晴れませんが・・・

そして、数日後の晩ご飯時
長男も次男も娘も居て、ラジオからは鈴井さんの声。
例の作文コーナーが始まりました

「あれ?あれ?あれ!!!!!」
なんと、娘の作文を読んでます、あの口調で読んでます。(@_@。
子供達と一瞬固まります、耳をそばだてて聞きます、
娘の頬が段々赤くなります、でも、
すごく
嬉しそうな笑顔です。

それからかもしれません、夜中にずっと前から水曜どうでしょうを見ていた
ダンナ様に付き合うようになり
(彼は最初からどうでしょうを見ています、あっ!正確に言うとモザイクから)
それから展開されていく、<鈴井の巣>にも夢中になります。

ダンナ様と娘は、何故か?
ブレイク前(こういう表現はイイかどうかわかりませんが)の人たちを
感じることができるみたいで

「この曲イイヨネ」といった人がブレイクしたり
「面白いんじゃない」とずっと見ていた人がブレイクしたり
不思議な二人であります。

私は何事にも懐疑的なダメ人間ですし
自分のダメさを見ているような人は
<嫌い>になってしまいます。
また、感も予想も当たったためしがありません・・・悲しいかな・・・

いつも心の中で
<どーせダメだし>と思ってしまうような人間です。
(それをいう事で逃げているのかもしれません)

鈴井さんの本を読んで、思いました。
ため息を吐き続けても、それは後退ではないと・・・
失敗し続けても、それは わずかだけれども 進んでいることだと・・・

そして、夢を諦めたり、また夢を見たり、思い描いたり
ちょっと行動してみたり
人の声を聞いてみたり
反発してみたり
自問自答してみたり
自己嫌悪に陥ったり

色々しても良いんだと

自分は自分でしかなく、人生を作り上げていくのは結局自分しかいないのだと
なんか
ぽわぁ〜んとだけど、思いました。

ダメ人間という鈴井さんご本人
でも

ダメ人間をサポートする人がこんなにも沢山居る
だから
きっと、根はダメ人間じゃないから
人をひきつける魅力が
具体的にはわからないけれどあるから
サポートされ続けているのだろうなぁ〜と思うのであります。

CUE所属のタレントさんやスタッフさんは
沢山のことをしってらっしゃると思います。
ダメ人間という鈴井さんの、色んな事をしってらっしゃると思います。
でも
彼らは、CUEに所属し、日々社を盛り上げるべくがんばっていらっしゃいます。

「ダメだこりゃ、この会社、社長がダメ人間だもん・・やーめた」
とはならない
その魅力、
どこからくるのでしょう?

まだまだ不思議が一杯の鈴井さんです。

宜しかったら、読んでみてください。






| 読み物 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと詠みました・・
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道
梯 久美子

<硫黄島からの手紙>や<父親たちの星条旗>を見て、ついにこの本を読みました。
以前、この映画の公開前から栗林さんを演じた<渡辺謙>さんがメディアで色々とお話をしてくださって、栗林さんという方にとても興味を持っていました。
映画が公開された頃は、図書館で図書検索してもいつも<貸し出し中>で・・・
つい最近、本を返却しに図書館に行ったとき、見つけました!
それも、いつもは図書館にあるPCで検索して、目的の物しか探さないのに、何故かそのときは借りる気持ちもそれほど無く、新書の棚や歴史書の棚、エッセイ・伝記などをウロウロみていたときに発見!
まさに・・・スピリチュアルな表現で言えば <必然>ですな(^^ゞ

著者の梯氏は
数々の関係する方々の言葉や、想いを丁寧に取材して、本にされたと思います。
しかしながら、けっして戦死というモノ、戦争というものを美化した描き方をしてはいないと感じました。
戦争に関する、これらの書籍を読み、実際に体験した人の声を聴くことが、今の私たちに一番必要なことではないか・・・
詠み終えてそんなふうに感じました。
上に立つ人間も、昔は立派な方が沢山いらした。
今も、居るとは思うのですが・・・どうなんだろう?

人を思いやる、人の気持ちを考える、人を人として認める
本を読み終わった後、私はそんな想いが頭をめぐらしています。
ある意味、簡単なことなのに 今の現代では難しいことなのかもしれません・・・
| 読み物 | 00:39 | comments(2) | trackbacks(1) |
良い言葉
何があっても大丈夫
何があっても大丈夫
櫻井 よしこ

またまた、図書館で借りてきました〜
<今日の出来事>でしか知らなかった、櫻井さんの生き様がよくわかる本でした。
そして
お母様の素晴らしさを、本当に感じました。
子供に対して「何があっても大丈夫」と言う、母の言葉はどんなにか心強い言葉だったでしょう?
お母様の心の奥底にある<子供を信じ、とことん付き合う、考える>そんな(私解釈ですけれども)気持ちがとても勉強になりました。
また、人に対しての心の持ち方や考え方や思いやり、私には到底実現できないような事ばかりで・・昔の女性は、ある意味 今の女性よりもとても力強いと感じました。
ほんの
数十年前の日本の話。
ちょいと 読んでみると 今の平和と幸せを噛み締めることができると思います。
| 読み物 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
今、しなければならないこと
林住期
林住期
五木 寛之

人生の大先輩に薦められて読んだ本。
私にしては、珍しいジャンルかも・・・
さすがベストセラーだけあって、読みやすく すぅ〜っと言葉が入ってくる感じがしました。
今、この本で言う<林住期>をあと数年で迎える自分としては、読んでよかったと思いました。
五木先生の戦前・戦後体験もまた興味深く読めました。
<今 何をすべきか? 何をして過ごさねばならないか?>
自分に問う いいきっかけになったと思います。

この手の本にすんなり素直に入りこめたのは・・・
あぁ、もぅ そういうお歳なのかしらん(-_-メ)
なんて、少し悲しく思ったりして(~_~;)
でも、若い世代のうちにすんなり素直に受け入れられたら、人生もっと大切に大切に生きていたのかもしれない・・そんな風にも感じました。

ん〜、私はこれまであまり頑張ってこなかったからなぁ〜
残された数年、素敵な林住期を過ごすために頑張らないと。
どの世代の方にも おすすめ♪
| 読み物 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
意識と興味
奪還 第二章
奪還 第二章
蓮池 透

つい最近、図書館で借りて読みました。
新聞やテレビのメディアでは、知ることのできなかったことを沢山知ったように思います。
そして、家族会と救う会という二つの団体が存在していることも知りました。
改めて
日本のメディアの情報不足、スクープや<人が喜ぶ記事・出来事>だけを流し、自己のジャーナリズム精神を満足するだけにまい進している人たち。
全てとは言いませんが、殆どがそうなんだろうなぁ〜
そんな気持ちになりました。

本を読んで、思ったこと。

あなた、自分の身内や家族や愛する人や友人や知人がある日を境に居なくなり、なんの連絡も取れず、数十年間も音信不通であったなら?
あなたは、その人を どう 思いますか?
あきらめますか?
それとも 信じて 待ってますか?

もしかしたら、その いなくなった人たちは
いつか いつの日か 自分の本当の居場所に 戻れることを 心の奥底にひっそりと思いつづけているのかもしれません。
誰かが手を差し伸べてくれることを待っているのかもしれません。

<ひとごと>で済まされない問題が、この国には 多くありすぎますね。
明日は いつもどおり・・・ではないのかも知れないということを皆が忘れている昨今なのかもしれません。
| 読み物 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ん〜(-_-メ)
日本沈没 6 (6)
日本沈没 6 (6)
小松 左京,一色 登希彦

原作が小松左京先生なので・・・
一概に 漫画本のカテゴリーとは言えませんが・・
(最近はそういう類のものが多いかもしれませんね)
小説の中で、組み立てられる映像と漫画として提供される映像にギャップを感じる方が多いかもしれません。
しかしながら・・・
この本、我が家の長男次男がおすすめしてくれた本でした。
(母が漫画好きというのを心得ている(^_^;))
小松左京先生の<日本沈没>は、たしか数十年前の作品だったと記憶してます。
映画化もされ、つい最近 SMAPの草剪くんが主演を勤めたリメイク作品としても放映されました。
(これはまだ見ていませんが、漫画本が題材となっている?)

今回、この漫画本の日本沈没を読んで、昨今の世界情勢や日本情勢・・そんなことがすこしばかり<納得>と思える部分がありました。

昨今の若者たちには、共感できる部分があったのかもしれません。
それは
救いかもしれませんね・・・

| 漫画本 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
American Pastime
アメリカンパスタイム 俺たちの星条旗
アメリカンパスタイム 俺たちの星条旗
中村雅俊

<父親たちの星条旗>だったか、<硫黄島からの手紙>だったか?
そのDVDの中でプレビューされていた映画でした。
日本では公開されていないのかな?多分・・・
ただ、DVDはレンタルされているので是非見ていただきたいと思いました。
American Pastimeで検索すると色々と出てきますが、日本向け版のDVDと海外向けDVDの表紙?が若干違います。
日本版は中村雅俊さんとか役者陣のお顔が出ていますが・・・
英語版?は、監視塔のようなモノがメインになっている・・
何故?
実は、ダンナ様が見つけていろいろとネットで検索してみてみて「?」と思ったこと。
映画の内容は、良かったですよ〜
なんで?日本で公開されていないのか?(我が地方だけか?)疑問でしたけどね〜

映画の中で<Go For Broke>という言葉が出てきます・・
泣けました、フォートデラッシー公園で見た碑を思い出してしまいました。

戦争は、やっぱり NO なんですよ。
何故?気付かないのかな?
学習しない人がいることが、なんだか悲しい・・・
| 映画 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
そして、日本側から・・・
硫黄島からの手紙 期間限定版
硫黄島からの手紙 期間限定版
渡辺謙

渡辺謙さんは、好きな俳優さんの一人です。
この<硫黄島からの手紙>でも主役を務めていらっしゃいます。
感激です感動です、そして 嵐の二宮くんも素敵でした。
私の中で<父親たちの星条旗>を見てから、<硫黄島からの手紙>を見ようと決めてました。
アメリカ側からと日本側からの描写がどのように描かれているか?
とても興味のあるものでした。
だから・・・
立て続けに 見ました。二作品(-_-メ)
日本の戦争関係映画や書籍を色々とこれまで見ました、実際に戦争に行った人の話も聞いたことがあります。
まさに、まさに、兵士さんたちの感情とか思いとか・・・見事に描かれてました。
現実はもっともっと悲惨で苦しくて切なくて厳しくて・・今の私たちに想像すら出来ない世界だと思います。
あるサイトの編集長さんが言ってました。
「本当にアメリカ人が作った映画なのか?」と・・・
作品を作った方のお国で、その作品に微妙な偏りやひいき目は必ずあると思っています、それが人間であり、気付かないうちにそうなっているのがあたりまえだと思っていました。当然です、本人も気付かないところで<生まれた国>DNAが必ず存在すると思っていたのですから・・・
しかし、これはちょっと違いました。

改めて
クリントイーストウッドさん、凄い!

アメリカの負の部分もきちんと描写している。
なぜか?日本の負の部分もきちんと描写している。

この2作品は、学校で取り上げても良いと思う。
私たちのご先祖がどんな思いで戦争をしたのか?友好国のアメリカの人たちがどんな思いで日本と戦争をしたのか?
両国が国を守ろうとしたその意味が、個人個人の感情を知ることでわかるような気がします。

ん〜、それにしても
ジャニーズ <嵐>の二宮くん、凄いね。
やっぱり 色々なドラマ監督とか映画監督が目をつけるわけだわ〜
ま、謙さんの凄いのは知っていたから当然!って感じだったけど(~_~;)

この2作品はおすすめです。
気持ちは重〜くなるけれど・・・
歴史のある部分はキチンと受け止めて認識することも大事かもしれません。

注:映画は基本フィクションですが、それをきっかけとして数々の体験者書籍や書物を調べるのも良いと思います。メディアの情報を鵜呑みにするのではなく、それが本当なのか?真実なのか?それを突き止める 検証することが今のメディアにはかけているので自身が調べる必要性もあると思います。
真実を調べる、分からなくても その行動が大事だと私は思ってます。
| 映画 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(3) |
まずは、アメリカさん側から
父親たちの星条旗
父親たちの星条旗
ジェームズ・ブラッドレー

ついに見ました、<父親たちの星条旗>
クリントイーストウッドさんは、やっぱり凄い人かもしれません。
今まで ベトナム戦争を取り上げた映画とか第二次世界大戦をとりあげた映画を数々見ましたが、この映画に関しては ちょっと違いました。
戦後、何十年もたった現在
今もアメリカが抱えている問題が所々に見え隠れしているようで・・・
<戦争で何かが生まれる、何かが変わる>
そう思っているのは、お偉いさん(役人とか政府とか)だけかもしれません。

戦争は何も生まないし、ただ ただ 国民が不幸になるだけです
悲しい涙を産むだけです


そして
今もなお 戦争をしている国々があることが
とても悲しい現実だと思いました。

| 映画 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
泣ける〜(T_T)
ALL SINGLES BEST (通常盤)
ALL SINGLES BEST (通常盤)
コブクロ

コブクロさんのシングルベストCD
この中の<♪ここにしか咲かない花>は、何故か聞いていて涙が出てくる。
♪あの優しかった場所は今でも 変らずに僕を待ってくれていますか〜
ここで ウルウル〜(T_T)
人生、時折涙をながさにゃ〜なりません。
感動や悲しみや苦しみや後悔も、全て糧になるんだけれども 涙してスッキリすることもやっぱりある。
音楽って 良いデスネェ〜
あ、映画でも良いですけどねニコニコ
| 音楽 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>